佐渡ってどんなところ

SADO INFO

佐渡のトキ

トキについて

トキは、学名Nipponianipponと呼ばれるコウノトリ目トキ科の鳥で特別天然記念物、国際保護鳥に指定されています。
日本のトキは、明治時代の乱獲や生息環境の悪化により急激に減少し、昭和の初期には隠岐(おき)島、能登半島、佐渡島でその生息が確認されるのみとなり、隠岐のトキは昭和20年(1945)に絶滅、能登の最後の1羽は昭和45年に捕獲され、佐渡トキ保護センターへ送られました。
佐渡では戦後その保護に努めましたが漸減し、昭和50年代になると10羽を割るまでになりました。
このため昭和56年(1981)、残った5羽のトキを捕獲し人工繁殖を試みましたが、繁殖には至りませんでした。
昭和61年(1986)には雌のキンと雄のミドリを残すのみとなり、ミドリは平成7年に、キンは平成15年(2003)に死に、日本のトキは絶滅しました。  
一方、平成11年(1999)中国からひとつがいのトキが贈られ人工繁殖が始まり、この年最初のヒナが誕生しました。
平成12年(2000)以降も順調にヒナが育ち、平成19年(2007)には100羽を超えるまでになり、平成20年(2008)9月野生順化訓練を受けたトキ10羽が佐渡の空に放鳥されました。

トキの森公園

新穂長畝には昭和42年(1967)に開設され、平成5年(1993)施設老朽化のため移設された「トキ保護センター」と「トキ資料展示館」があり、トキの森公園として一般に開放されています。
「トキ保護センター」には飼育ケージ、繁殖ケージ、雛を育てるためのケージなどがあり、鳥の行動や産卵の様子などはモニターテレビを通じて観察できるようになっています。
また、「トキ資料展示館」では,パネルや標本によってトキの生理、生態から保護活動の歩み、人工繁殖の様子、野生復帰など分かりやすく展示、解説がなされています。

野生復帰ステーション

野生復帰ステーションは、佐渡トキ保護センターで飼育されているトキが、野生生存できる基本的能力を獲得するための訓練を行う施設として、環境省により平成16年(2004)から3カ年をかけて新穂正明寺に建設されました。
この中で最も重要な施設が順化ケージで、幅50メートル、長さ80メートル、高さ15メートルの巨大な鉄骨造りの空間です。
この施設の中で餌のとり方、集団生活、飛行訓練などが行われています。
平成19年(2007)7月に順化訓練が始まり、平成20年(2008)9月には10羽の訓練を受けたトキが初めて放鳥されました。
今後もこの施設で訓練されたトキが順次放鳥される予定です。

お問合せ、お急ぎのご予約などは下記お電話へご連絡ください。

0259-27-5705

(受付時間 8:00~17:00)

※営業時間外の貸出・返却についてのご相談も承ります。

渡辺産商レンタカー 主連絡先・所在地
〒952-0014 新潟県佐渡市両津湊353-1
佐渡汽船ターミナルビル1階 [ ]